メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文科省

働き方改革 校長ら補佐「主幹教諭」100人増へ

19年度予算で概算要求へ

 文部科学省は、公立小中高校で学級担任を持たずに校長や副校長、教頭ら管理職を補佐する「主幹教諭」を来年度に100人増員する方針を固め、調整に入った。長時間勤務が問題となっている教員の働き方改革の一環で、学校事務が集中する管理職の業務負担を軽減する中間管理職として、業務の効率化を担う。現在、全国の11県が主幹教諭を1人も配置しておらず、定着に向けた環境整備も課題となる。

 主幹教諭は学級担任を持たず、校務の統括やPTAの対応といった管理職業務の一部を担う教員。管理職の負…

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文936文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
  2. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  3. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  4. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
  5. 将棋 藤井七段、最年少新人王に 31年ぶり更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです