メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いのちのほとりで

/5 在宅ホスピス 命を使い切る 内藤医師の20年

「さあ、きょうも回診に出るよ」と笑う内藤いづみ医師=甲府市のふじ内科クリニックで2017年5月11日、滝野隆浩撮影

 「最後の最後、命は燃え尽きて終わらせないと。あとどのくらい、というのは医者には分かる。ちょっと痛がったり、起きたり寝たりすることはあるかもしれないけれど。それは産みの苦しみ、陣痛と同じ。あの世に行くために、少し苦しんでいるだけ。命はそこで、ぜーんぶエネルギーを使い果たしていかないと。専門家がきちんとアドバイスすれば、本人が生き切るのを家族は支えられるんです」

この記事は有料記事です。

残り3638文字(全文3819文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
  2. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  3. 台風24号 沖縄は大しけ 30日ごろ西日本直撃恐れ 
  4. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  5. 鉄道 台風予測 広がる「計画運休」 リスクを回避

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです