メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

札幌市電 100年前は? /北海道

石材運搬から市民の足に

 なるほドリ 札幌市を走る路面電車(市電)が、12日に100周年を迎えたね。そんなに昔から市内に路面電車があったんだ。

 記者 石山(南区)で採掘される建築用などの石材「札幌軟石」を市中心部に運ぶために、民間の馬車鉄道が敷設されたのが始まりです。人口が増えて次第に市民の足としての需要が高まり、1918(大正7)年には馬に代わって電車が運行されるようになりました。市営化されたのは27(昭和2)年のことです。なお道内では、13年に函館で路面電車が走り始めています。

 Q 雪の多い札幌で運行を続けるのは大変だったのでは?

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文939文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです