メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 避難生活で生まれた「段ボールアート」 郡山で遠藤さん作品展 /福島

鮮やかな中に古里、つらい思いも

東日本大震災と福島第1原発事故による避難所での生活がきっかけで生まれた「段ボールアート」の作品展が郡山市役所で開かれている。作者は富岡町から避難し、市内の災害公営住宅に暮らす遠藤昭三さん(62)。「震災と原発事故を忘れず、防災意識を持ち続けてほしい」と願い、鮮やかな色彩の中に失われた古里の風景や避難生活の記憶を織り込んでいる。【笹子靖】

 2011年3月11日の震災発生時、遠藤さんは富岡町内の海岸近くにいたが、すぐに車で自宅に戻り、その…

この記事は有料記事です。

残り884文字(全文1118文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「『ちぇるちぇるらんど』すいません」に玉城知事「デニーズは僕の店…」 表敬訪問 /沖縄
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです