メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

View+

古典芸能にわくわく お囃子や能面、子ども122人が体験 大槻能楽堂 /大阪

本物の能面をつけて、舞台に立つ子どもたち=大阪市中央区で、望月亮一撮影

 大阪市中央区の大槻能楽堂で先月22日、子ども能楽体験イベント「さわってみよう! 能の世界!」があった。文化庁と能楽協会大阪支部が主催し、18回目。府在住の子ども122人とその家族らが参加した。普段は静かな能楽堂だが、この日ばかりは古典芸能の世界にわくわくする元気な声が響いた。

 お囃子(はやし)体験では、能楽師の指導を受け、太鼓や笛、小鼓や大鼓に挑戦。子どもたちは小さな手で小鼓を持つのに苦労したり、笛の音がなかなかうまく出…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文534文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです