メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

西日本豪雨1カ月/下 広島の被災地で 被害が広範囲に点在 /兵庫

大量の土砂が押し寄せた民家の庭先。物干しざおが、飼い犬をつなぐのにちょうど良い高さだった=広島県呉市天応地区で、高尾具成撮影

 100人以上が犠牲になった広島県。県南部の広島、呉、東広島の各市では、至る所で山肌がむき出しになっていた。山裾の傾斜地が切り開かれてきた広島。だが、花こう岩が風化してもろい砂状になった「真砂土(まさど)」が広がる地質が土砂の量をかさ上げし、被害を拡大させたとも指摘される。2014年8月にも広島市で77人が犠牲になる土砂災害があった。4年前に見た被災状況がより広範囲に、多数点在しているように感じた。

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1260文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 園児をトイレに閉じ込め 東京・足立の認可保育園で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです