公文書クライシス

満蒙開拓団、戦後調査資料 廃棄・不明、14道府県

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
山形県の資料は「全員自刃玉砕」の文字が読み取れる=板子房(バンズファン)開拓団の実態調査資料の一部、佐藤良一撮影
山形県の資料は「全員自刃玉砕」の文字が読み取れる=板子房(バンズファン)開拓団の実態調査資料の一部、佐藤良一撮影

 1932~45年、旧満州(現中国東北部)に国策で推計約27万人が送り込まれた「満蒙(まんもう)開拓団」について、戦後に都道府県が実施した全国実態調査の資料が13道府県で確認できず、1県は廃棄したことが毎日新聞の全国アンケートで判明した。戦後間もなく団の幹部らから直接聞き取りした、他にはない貴重な1次資料だが、資料の残る33都府県も保存期間はまちまちで、今後廃棄される可能性もある。

 資料は外務省が50年に都道府県に調査を指示した「満蒙開拓団実態調査表」。15~19歳(数え年)の8万6000人以上を現地に送った「満蒙開拓青少年義勇軍」の調査表も含まれる。

この記事は有料記事です。

残り1402文字(全文1681文字)

あわせて読みたい

注目の特集