メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

広島の悲劇抱えた写真家(その1) 沖縄の不条理を撮る

辺野古漁港から護岸工事の様子を見つめる嬉野京子さん=沖縄県名護市辺野古で2018年8月17日、玉城達郎撮影

 朝の日差しを浴びて波間がきらきらと光る。沖縄県名護市の辺野古沿岸。穏やかな海になじまないむき出しのコンクリートの護岸が延び、巨大なクレーンが澄んだ空に暗い影を落とす。

 米軍普天間飛行場の移設に向けた埋め立て工事が工期入りした17日、護岸が見える辺野古漁港の突堤に、地元の報道陣に交じって東京在住の報道写真家、嬉野(うれしの)京子さん(77)がいた。

 前夜の大雨から打って変わって晴れ渡り、土砂投入を警戒する市民の抗議船が波を切る。その傍らを、訓練中…

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文764文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫
  3. 新潮45 「杉田論文」で社長コメント 「常識逸脱した」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです