メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

首相、地方行脚再開 石破氏は討論会要求

 安倍晋三首相(63)は25日、宮崎市を訪問し、宮崎県内の自民党地方議員らと意見交換した。9月7日告示の総裁選に向けて、約1カ月半ぶりに地方行脚を再開。26日には鹿児島県内で総裁選への立候補を表明する。

 首相は宮崎市での講演で、「観光を地方創生の起爆剤にしたい」と地方重視の姿勢を強調した。党員票固めを狙った首相の地方での会合は7月4日のさいたま市以来。西日本豪雨への対応を優先し、党務での地方回りを控えていた。今後は福井、富山、愛知、三重各県などを訪問する予定だ。

 一方、石破茂元幹事長(61)は25日、読売テレビの番組で「あちこちに行って演説するよりも、時間をきちんと取って候補者同士が討論する方が、首相の負担も減り、国民にもわかりやすい」と述べ、総裁選では地方遊説よりも討論会を重視すべきだと主張した。石破氏はテーマごとに4回程度の討論会を求めている。【浜中慎哉、野間口陽】

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文1036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  3. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです