連載

2018自民党総裁選

相次ぐ政府の不祥事で安倍晋三首相の求心力が低下する中、9月に行われる自民党総裁選への動向を探る。

連載一覧

2018自民党総裁選

首相、地方行脚再開 石破氏は討論会要求

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相(63)は25日、宮崎市を訪問し、宮崎県内の自民党地方議員らと意見交換した。9月7日告示の総裁選に向けて、約1カ月半ぶりに地方行脚を再開。26日には鹿児島県内で総裁選への立候補を表明する。

 首相は宮崎市での講演で、「観光を地方創生の起爆剤にしたい」と地方重視の姿勢を強調した。党員票固めを狙った首相の地方での会合は7月4日のさいたま市以来。西日本豪雨への対応を優先し、党務での地方回りを控えていた。今後は福井、富山、愛知、三重各県などを訪問する予定だ。

 一方、石破茂元幹事長(61)は25日、読売テレビの番組で「あちこちに行って演説するよりも、時間をきちんと取って候補者同士が討論する方が、首相の負担も減り、国民にもわかりやすい」と述べ、総裁選では地方遊説よりも討論会を重視すべきだと主張した。石破氏はテーマごとに4回程度の討論会を求めている。【浜中慎哉、野間口陽】

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文1036文字)

あわせて読みたい

注目の特集