公文書クライシス

14道府県、資料廃棄・不明 満蒙悲史、残されず 8万人犠牲「自刃玉砕」記述の文書も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
盗賊の襲来に備えて銃を持って農作業をする日本から満州に渡った青少年たち=山形市の滝田博さん提供
盗賊の襲来に備えて銃を持って農作業をする日本から満州に渡った青少年たち=山形市の滝田博さん提供

 日本が1932~45年、旧満州(現中国東北部)に農業移民として送り込んだ「満蒙開拓団」約27万人は、旧ソ連の参戦や終戦の混乱で約8万人が犠牲になったとされる。長野県に次いで多い約1万7000人が海を渡った山形県の資料には集団自決などの悲劇が生々しく記されている。戦後、都道府県が実施した開拓団の全国実態調査は当事者の証言をまとめた貴重な1次資料だが、既に14道府県で廃棄したか確認できなくなっており、専門家は歴史的な公文書を保存する仕組み作りを訴えている。【佐藤良一】

 「知りたくても知り得なかった事実がたくさん読み取れる」。一家で満蒙開拓団に参加し、終戦時の集団自決から生き延びた山形県高畠町の佐藤安男さん(81)は今年2月、毎日新聞が情報公開請求し、山形県が一部開示した「満蒙開拓団実態調査表」を見て驚いた。

この記事は有料記事です。

残り2630文字(全文2987文字)

あわせて読みたい

注目の特集