メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハイパーカミオカンデ

検討 ニュートリノ観測、精度向上

 文部科学省は、2度のノーベル物理学賞につながる成果を出した「カミオカンデ」「スーパーカミオカンデ」(岐阜県飛騨市)に続く、次世代ニュートリノ観測施設「ハイパーカミオカンデ」の建設に向けた検討を始める。素粒子のニュートリノを観測し宇宙誕生の謎に迫る大型施設で、完成すれば3度目のノーベル賞も期待される。来年度当初予算の概算要求に調査費として数千万円を盛り込む。

 「スーパー」の近くに建設予定の次世代施設では、円筒形の巨大水槽の内側に光センサー(光電子増倍管)を…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです