メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パウエルFRB議長

「慎重な利上げ、最善」 講演で強調、経済に不確かさ

 【ワシントン清水憲司】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は24日の講演で、利上げを続けるにあたり「利上げしすぎて景気拡大を短くするリスクと、利上げが足らずに景気を過熱させるリスクの両方がある」と指摘した。ただ、今後どこまで利上げすべきかの判断材料となる「中立金利」や失業率の推計には不確かさが伴うと強調。このため慎重に利上げを進める従来の手法が最善と結論づけた。

 FRBは景気を熱しも冷やしもしない政策金利の水準を「中立金利」と呼び、今のところ3%をやや下回る水…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文582文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです