メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

共栄火災海上保険 「共存同栄」 賀川豊彦が尽力

東京都港区にあった共栄火災海上保険の旧本社社屋=1949年ごろ(同社提供)

 農協や信用組合を通じて個人に保険商品を販売する中堅損保。1942年の設立には、キリスト教思想家で社会運動家の賀川豊彦(かがわとよひこ)(1888~1960年)が深く関わっていた。インドのガンジーと並ぶ「東洋の代表的聖者」に数えられ、戦後、ノーベル平和賞、文学賞の候補になった。

 賀川は09年に神戸のスラム街に住み込んで布教と貧民救済を開始。労働運動、農民運動、関東大震災の被災者救援などで幅広く活躍した。「産業組合(産組)」による保険経営にも尽力した。

 産組は農協や生協の前身。農家などが物資購入や販売を共同で行う組織として00年に設立された。当時の保…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文603文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交通事故 横断中の男性、タクシーにはねられ死亡 札幌 /北海道
  2. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. ANA 国内線の搭乗 「ステータス」から「番号」に変更
  5. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです