メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

広島の悲劇抱えた写真家(その2止) 基地の現実、本土に

キャンプシュワブのゲート前での座り込みの様子をカメラに収める嬉野京子さん(右)=沖縄県名護市辺野古で2018年8月17日午前、玉城達郎撮影

 

 ◆米軍の「少女轢殺」 カメラで告発

原爆をくぐり抜け

 「私よりつらい目に遭った人がたくさんいるという引け目があったけれど、伝えられる人が声を発しないといけないという思いの方が勝ってきた。死ぬ前に話せることは話しておかなきゃ」。待ち合わせ場所に指定された新宿の静かな喫茶店。報道写真家の嬉野(うれしの)京子さん(77)に自身の戦争体験を尋ねると、胸の奥にしまっていた広島の記憶を語り始めた。

 1945年8月6日の朝、汽車の中で目を覚ました。当時4歳。母と小学生の兄2人と姉の5人で疎開先の佐…

この記事は有料記事です。

残り4809文字(全文5055文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 黒部ダムカレー 愛され10年 年間5.7万食売り上げ
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  4. クックパッドニュース [作ってみた]話題の「ダムカレー」は〇〇を使えば簡単にできた!!
  5. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです