連載

囲碁・将棋スペシャル

将棋や囲碁の順位戦やタイトル戦をはじめ、奥深い世界のさまざまな話題をお届けします。

連載一覧

囲碁・将棋スペシャル

囲碁 アマ本因坊戦 平岡さん名誉称号獲得 4回目の優勝、6人目

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
アマ本因坊戦全国大会で対局する選手たち=東京・市ケ谷の日本棋院で18日、藤井達也撮影
アマ本因坊戦全国大会で対局する選手たち=東京・市ケ谷の日本棋院で18日、藤井達也撮影

 <第64回全日本アマチュア本因坊決定戦全国大会から>

 「第64回全日本アマチュア本因坊決定戦全国大会」(毎日新聞社・日本棋院主催、関西棋院後援、アフラック特別協賛、スターツグループ・滝久雄<ぐるなび創業者>協賛)が18、19の両日、東京・市ケ谷の日本棋院であり、東京代表の平岡聡さん(47)が4回目の優勝を果たし、名誉アマ本因坊の資格を得た。

 名誉アマ本因坊は2010年、第56回大会で創設された。歴代アマ本因坊のうち、4回以上優勝した平田博則、菊池康郎、原田実、三浦浩(故人)、中園清三の5氏を認定した。平岡さんは6人目となる。アマ碁界でも10代、20代の若手が強さを見せる今、新たな名誉アマ本因坊誕生という歴史的大会になったが、そこに至るには劇的な展開があった。

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1318文字)

あわせて読みたい

注目の特集