メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勝手に調べました

日焼けで黄ばんだ本の色、元に戻すことはできないの?

日に焼けた本を紙やすりで磨くと、黄ばみが薄くなる。磨き方は「一方向に向かって、優しく」=東京都千代田区で2018年8月16日、梅田啓祐撮影

 紙が劣化する要因はさまざまで、主に光、空気、熱が関係しています。特に太陽光や蛍光灯などが発する紫外線が当たると紙に含まれる成分が化学変化を起こし、変色が進みます。昔買った愛読書やお気に入りの写真集の日焼けを元通りに修復することはできませんが、見た目をきれいにすることはできます。

 中古書籍販売、ブックオフコーポレーション(相模原市)の小湊貴治さん(48)が勧めるのは、本の日焼けした部分を紙やすりで磨く方法。表紙と背表紙を指で挟み、…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
  4. 韓国 慰安婦財団の解散発表 事業終了を決定
  5. 寝屋川中1殺害 「2人に声かけなければ」遺族に被告謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです