メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

橋爪大三郎・評 『新約聖書 本文の訳』=田川建三・著

 (作品社・4320円)

最新の成果を縦横に駆使した偉業

 田川建三氏の聖書研究は、正統すぎて日本では異端視されるが、断然優れている。本書は『新約聖書 訳と註』(全七巻八冊)の本文の訳を一冊にした普及版。キリスト者なら、新共同訳と共に手元に置くべき一冊だ。

 《新約聖書と呼ばれてきた書物は、本当はもちろん「聖書」ではない。…人間が書いた文章が「聖書」、…崇高で超越的な神の言葉なんぞであるわけがない》(はしがき)。ふつうの信者は腰を抜かすかもしれない。だが、よく考えるとその通り。二一世紀の聖書学とはこういうものである。そして、社会科学の考え方にも合致している。

 田川氏は新約聖書の、ギリシャ語にこだわる。後世の加筆はもちろん、初期教会の信仰が膨らませた記述もそ…

この記事は有料記事です。

残り1153文字(全文1482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 中央線が再開 喜ぶ山梨県民 中央道も昼に開通

  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  5. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです