メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

養老孟司・評 『デジタルネイチャー 生態系を為す汎神化した計算機による侘と寂』=落合陽一・著

 ◆『デジタルネイチャー 生態系を為(な)す汎神(はんしん)化した計算機による侘(わび)と寂(さび)』(PLANETS・3024円)

自然言語の枠、外して見る

 AI関係の本を読み続けているので、なにも考えずに、たまたま本書を手に取った。著者が私より五十年若く、これじゃあ孫の世代だなあ、ということだけは意識していた。カタカナ語は多いし、そうかと思えば荘周の漢文が出てくる。シラーの詩が原文で引用される。一知半解と言うが、よくわからない。わからないのもシャクだから、ともかく繰り返して読む。最後まで行って、初めて気が付いた。なんだ、これは芸術家の心情告白じゃないか。ただそれがITに関するカタカナずくめだったから、わかりにくかった。芸術家の発言だとなれば、全体の見え方が違ってくる。引用もわかる。文章の内容だけではなく表現形式の問題だからである。要するに本自体を一種のアートと思えばいい。

 じつは最初に引っかかったのは、デジタルとネイチャーの組合せである。デジタルと言えばコンピューター、…

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです