メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『神社崩壊』=島田裕巳・著

 (新潮新書・821円)

 二〇一七年十二月七日、東京・富岡八幡宮の宮司が実弟に刺殺される事件が起きた。事件の遠因には富岡八幡宮の神社本庁からの離脱があった。そのためこの事件をきっかけに全国の神社を統括していると思われた神社本庁が実は伊勢神宮を頂点とする組織であり、富岡八幡宮ばかりでなくほかにも有名な神社が属していないことが明らかになった。

 それには古代以来の神々の系譜と神社の構造(たとえば寺院と比較すると特定の創立者や教義を持たない)が…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです