メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『ロシアと黒海・地中海世界--人と文化の交流史』=松木栄三・著

 (風行社・4428円)

奴隷交易が与えた影響をひもとく

 江戸幕府の鎖国体制のなかでも、18世紀末にはいち早くロシア船が北海道に来航し、漂流民を護送するとともに通商を求めた。アメリカのペリー来航より半世紀以上も前の出来事である。それにもかかわらず、ロシアは近くて遠い国である。まして中近世のロシアともなれば、われわれ日本人の目が届きにくいところにある。ルーシとよばれたロシア人自身からして西方や南方に目が向きがちであったから、シベリアの彼方(かなた)にある小国など眼中になかっただろう。

 しかし、グローバル・ヒストリーとしての世界史を考えれば、きわめて重きをなす問いかけになる。前近代の…

この記事は有料記事です。

残り1164文字(全文1456文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです