メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『悪玉伝』 著者・朝井まかてさん

作家・浅井まかてさん=東京都千代田区の角川書店で、内藤麻里子撮影

 ◆朝井(あさい)まかてさん

 (角川書店・1728円)

一大疑獄ににじみ出す人間性

 徳川吉宗の時代に起きた江戸期最大の贈収賄事件「辰巳屋一件」を扱った。同じ題材の先行作も数あれど、独自の世界を紡ぎ出す。人間の思惑が絡み合う恐ろしさを、滑稽(こっけい)味すら感じさせる筆致で描き出してみせた。

 大坂の炭問屋の主・木津屋吉兵衛は男前で学問、風雅を好み家業そっちのけで放蕩(ほうとう)を続け、目端も利くから「御挨拶(ごあいさつ)」と称して関係各所に心付けも怠りない。この主人公を「ウザいキャラですよね」と笑う。

 ある日、薪(まき)問屋辰巳屋を営む兄が急死。残された一人娘をもり立てようとするが、婿にしようと迎え…

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1073文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 拳銃強奪事件 重傷の古瀬巡査が職場復帰 大阪・吹田

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです