メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『光の庭』=伊藤一彦・著

 (ふらんす堂・2160円)

 宮崎在住の歌人、伊藤一彦(一九四三年生まれ)の最新歌集。副題に「短歌日記2017」とあるように一年間に一日一首、全三六五首を詠み、短い日録を添えたものだ。「娘らの幼きころの思ひ出に出てくるわれの乱反射せり」「母いますごとくに庭に梅咲けり死は遠ざかり死者近づき来」は親しい人びと。「執念のなき軽さなりかわきたる春の落葉のどこにでも行く」の叙景も光る。「文華堂、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです