メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『保守と大東亜戦争』=中島岳志・著

 (集英社新書・972円)

 「保守」という言葉は多義的に用いられてきた。近年では保守派の主張といえば先の戦争を「アジア解放のための正しい戦いだった」と肯定するイメージが強いが、戦前・戦中を知る世代の思想家たちは、戦争に至るプロセスに嫌悪感を持ち、超国家主義に強い批判を加えていた。

 本書は竹山道雄、田中美知太郎、猪木正道、林健太郎といった「戦中派保守」の思想を丁寧にたどり、日本では「正統な…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです