メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賢い選択

がん検査/下 乳がん検診・マンモグラフィー 30代以下「偽陽性」多く

乳がん(女性)の死亡率と罹患率

 女性がなりやすいがんの一つに乳がんがある。著名人が若くしてなるなどしたため、早期発見に関心を寄せる30代以下の若い女性が少なくないが、検診には不利益も伴う。3回目は、乳がん検診について取り上げる。【渡辺諒】

早期発見、まずは自己チェック

 静岡県立静岡がんセンター(同県長泉町)には、別の医療機関で受けた人間ドックなどで乳がんが疑われた女性が多く訪れる。同センター乳腺画像診断科の植松孝悦部長は「30代以下では、誤ってがんを疑われた『偽陽性』の人が多い」と語る。がんでない良性の腫瘍なのに、乳房の組織を針で取り出す精密検査が必要と判断されるケースが散見されるという。

 偽陽性の場合、公的な費用と痛みを伴う無駄な精密検査を受けさせられ、精神的なダメージも負うことになる…

この記事は有料記事です。

残り2195文字(全文2527文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです