メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

ネフローゼ症候群、管理は?=答える人・本田雅敬前院長(東京都立小児総合医療センター)

本田雅敬・東京都立小児総合医療センター前院長

本田雅敬前院長(東京都立小児総合医療センター 小児腎臓)

 Q ネフローゼ症候群、管理は?

 9歳の孫娘が3年ぶりにネフローゼ症候群を再発しました。発症したのは1歳半です。薬の影響や今後の再発が心配です。運動制限も必要でしょうか。(三重県、女性、65歳)

 A 週1回尿チェックを

 ネフローゼ症候群は、血液中のたんぱくが尿として排出されてしまう病気で、低たんぱく血症やむくみ(浮腫)などの症状を起こします。15歳以下の患者の割合は1万人あたり1人。血液中に何らかの物質が増え、腎臓でたんぱくが漏れやすくなると考えられますが、詳しい発症原因はよくわかっていません。

 治療はステロイド剤のプレドニゾロンを使い、たんぱくが漏れないようにします。ほとんどの子どもに有効で…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文951文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 優勝額を販売します 9月場所・白鵬関
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 赤坂電視台 川合俊一 日本女子バレーの団結力はすごい!
  4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  5. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです