メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Features・2020年へ

ジャカルタ・アジア大会 野球 笹川晃平外野手(24) 主砲、大谷から刺激

 <フィーチャーズ アジア大会2018>

 野球はソフトボールとともに2020年東京五輪で3大会ぶりの復活が決まっている。ジャカルタ・アジア大会で頂点を目指す社会人の精鋭たちの中で、「チームの顔」の4番を任されている。

 埼玉・浦和学院高では甲子園に3度出場し、東洋大では4年秋に打率4割1分7厘で首位打者を獲得。昨年、社会人の強豪、東京ガスに入社した。高校、大学、社会人と、4番を背負い続け、社会人の日本代表でも、昨年秋のアジア選手権から4番に固定されている。日本代表の石井章夫監督は「主砲としての雰囲気と、ひたむきに取り組む姿勢がある」と起用の理由を説明する。

 社会人2年目の今季はドラフト解禁となる。大学までは与えられた練習をこなすだけだったが、トレーニング…

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文987文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  4. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです