メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもの自殺

急増時期 新学期直前、話聞くよ 支援団体、SNSも活用

LINEでの相談に回答するNPO法人「BONDプロジェクト」のスタッフ=東京都渋谷区で2018年8月22日午後7時半、藤沢美由紀撮影

 多くの地域で新学期が始まる9月1日前後に子どもの自殺が急増することから、さまざまな支援団体が「一人で抱え込まずに伝えて」と呼び掛けている。電話に加え、子どもや若者の身近なコミュニケーション手段である会員制交流サイト(SNS)での相談対応も広がっている。【熊谷豪、藤沢美由紀】

 「さみしいよー」「生きてる意味わかんないたすけて」。若い女性を支援するNPO法人「BONDプロジェクト」(東京都)の事務所で、パソコン画面に無料通信アプリ「LINE(ライン)」の短いメッセージが届いた。「何かあったのかな。大丈夫だったら聞かせてほしいな」。10~30代の女性スタッフが言葉を選びながら返信する。

 電話に比べ小学校高学年~中学生の比率が高い。自殺願望や家族からの虐待、学校でのいじめなど、最近は月1000件前後の声が届く。「状況や気持ちを口で説明するのが苦手な子も相談しやすいのでしょう」と広報担当の竹下奈都子さん(30)。

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1190文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 東京で新たに481人の感染確認 2日連続で400人超 重症者は6人増60人に

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  5. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです