メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

井上、世界への一歩 男子マラソン、日本勢32年ぶり金

男子マラソンで金メダルを獲得し、笑顔を見せる井上大仁=ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年8月25日、徳野仁子撮影

 【ジャカルタ小林悠太】ジャカルタ・アジア大会は第8日の25日、陸上の男子マラソンがあり、井上大仁(ひろと)(25)=MHPS=が2時間18分22秒で優勝した。気温30度の酷暑で、残り100メートルまで競った死闘を制して日本勢32年ぶりの金メダルの快挙。「最後は力が残っていないところから引きずり出した」と誇らしげだ。2020年東京五輪を見すえた暑さ対策も生きた。

 37キロから14年仁川大会(韓国)1万メートル優勝のエルハサン・エルアバシ(バーレーン)との競り合…

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです