メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サカベコ

難民、希望 シリアの子ら、魔法の10番手作り NPOが販売計画

 イラクのシリア難民が、福島・会津の民芸品「赤べこ」をアレンジしてサッカーのユニホーム姿に彩った「サカベコ」を日本で販売する計画が進んでいる。イラクや東日本大震災の被災地で活動する日本のNPOが指導。NPOは「人々の生きがいのため、一つの産業に育てたい」と期待を込め、現地スタッフの難民女性は「サカベコを手に取り、どうかシリア難民の苦境に目を向けてほしい」と訴えている。【イラク北部・アルビルで千脇康平】

 8月9日、イラク北部・クルド人自治区の中心都市アルビル郊外にあるダラシャクラン難民キャンプ。5~12歳のシリア難民の子ども11人が集まり、イラクの新聞紙で作った張り子のペイントに取り組んでいた。見本はスペインの強豪バルセロナでプレーするメッシ選手の写真。「間違えたら直してあげるからね」。手を絵の具だらけにした子どもたちにシリア人女性、リーム・アッバスさん(25)が優しく声をかけた。

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文931文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃

  3. 名古屋市の救急医療ピンチ 搬送中に心肺停止状態も 愛知県が専門チーム

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです