メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースアップ

28歳殺陣師、時代劇デビュー ドラマ支える「神髄」継承=編集局・北林靖彦

隠密役に斬り方の指導をする清家三彦さん(中央)と刺殺される絵師役の清家一斗さん(右から2人目)=京都市右京区の大覚寺で、北林靖彦撮影

 時代劇などの格闘シーンで、台本には書かれていない「美しい戦い方」を役者に指導し、作品の世界観を演出する殺陣師。今月、一人の若者がその厳しい世界に飛び込んだ。役者として演技も学びながら、日本を代表する殺陣師の父らに師事して約6年。親子の生きざまや撮影所スタッフの姿を通して、殺陣と時代劇の魅力に迫った。

この記事は有料記事です。

残り2028文字(全文2179文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです