メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースアップ

28歳殺陣師、時代劇デビュー ドラマ支える「神髄」継承=編集局・北林靖彦

隠密役に斬り方の指導をする清家三彦さん(中央)と刺殺される絵師役の清家一斗さん(右から2人目)=京都市右京区の大覚寺で、北林靖彦撮影

 時代劇などの格闘シーンで、台本には書かれていない「美しい戦い方」を役者に指導し、作品の世界観を演出する殺陣師。今月、一人の若者がその厳しい世界に飛び込んだ。役者として演技も学びながら、日本を代表する殺陣師の父らに師事して約6年。親子の生きざまや撮影所スタッフの姿を通して、殺陣と時代劇の魅力に迫った。

この記事は有料記事です。

残り2028文字(全文2179文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. フーターズ運営が再生法申請 負債約5億円、営業継続
  3. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです