京都市教委

失踪した市立小の教頭 神社に3週間潜伏

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 京都市立小学校の教頭だった男性教諭(56)が今年5月11日から職務を放棄して失踪し、924メートルの愛宕山山頂にある愛宕神社(右京区)の建物で寝泊まりして建造物侵入罪で罰金10万円の有罪判決を受けたとして、市教委が24日、教諭を停職6カ月の懲戒処分としたと発表した。教諭は職務の負担や家庭の事情で追い詰められ、同容疑で逮捕されるまで3週間余り神社建物で寝泊まりしていたという。同日付で依…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

あわせて読みたい

注目の特集