メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

野上が銀 女子マラソン2大会連続でメダル

 ジャカルタ・アジア大会は第9日の26日、陸上の女子マラソンがあり、野上恵子(十八銀行)が2時間36分27秒で銀メダルを獲得した。日本は2大会連続でメダルを獲得。32歳のベテランが暑さの中でも粘って、2020年東京五輪代表選考へ存在感を示した。昨年の世界選手権を制したローズ・チェリモ(バーレーン)が25キロ過ぎで抜け出して独走し、2時間34分51秒で優勝した。

 野上は30歳を超えてから急成長した女子長距離界では珍しいタイプだ。31歳で迎えた17年8月の北海道マラソンで2位に入り、同年のアジア選手権のマラソンで銀メダルを獲得した。勢いに乗り、17年12月からの半年間でマラソン、ハーフマラソン、1万メートル、5000メートルでいずれも自己記録を更新した。「なんで今ごろになって記録が伸びるのか。自分でも驚いている」と苦笑する。

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  2. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  3. 「容体は安定」症状あった帰国者5人の受け入れ病院が会見 新型肺炎

  4. 帰国者の今後 症状ない人もウイルス検査へ 検疫体制さらに特別対応

  5. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです