メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eスポーツ

2億人市場、広告に最適 中国、大会次々と

 若者に人気のコンピューターゲーム対戦競技「eスポーツ」の国際大会が中国で相次ぎ開催されている。2億人以上の愛好者を持つとされるeスポーツ大国・中国には関連業界から熱い視線が注がれているようだ。

 北京市中心部の工人体育館で今月1~11日に開かれた賞金総額100万ドル(約1億1000万円)のeスポーツ国際大会。中国、米国、韓国チームなど選手たちの対戦を巨大モニターが映し出す。大技が繰り出されると、大きな歓声が約1万5000席の体育館にこだました。

 対戦の模様はネット上でも中継され、主催者によると、延べ1970万人のファンが観戦したという。協賛企業には若者層への浸透を狙うファストフードのチェーン、国産携帯電話メーカーなど大企業が名を連ねた。

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです