メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オウム元信者

「疑念持たず、服従」事件振り返る集会

 オウム真理教の元幹部ら死刑囚13人全員の刑が執行されてから26日で1カ月になるのを前に、事件を振り返る集会が25日、東京都内で開かれた。脱会信者でつくる「カナリヤの会」のメンバー3人が初めて講演し「疑念を持たず、教団幹部に絶対的に服従することが良いことだと思っていた」などと当時の心境を語った。

 研究者や弁護士らでつくる「日本脱カルト協会」(西田公昭代表理事)が主催し、約200人が参加した。3人は顔を隠すためのシートで覆われた演台で講演した。

 教団の「科学技術省」に所属してサリンプラント建設に関わり、懲役9年の実刑判決を受けて服役した山中次…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです