メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡・鞍手町汚職

前町長、強引な手法 病院人事介入など

 福岡県鞍手町発注の下水道業務の入札を巡り、加重収賄容疑で再逮捕された前町長の徳島真次容疑者(59)=7月31日に辞職=は、同容疑でともに再逮捕された、業者との仲介役の男2人を町内の病院の理事にするよう画策していた。町長に人事権はなく批判を浴びて撤回したが、反発した内科医6人が辞職。特色あるまちづくりで注目された徳島容疑者だが、今回の事件で表面化した、職権を乱用した強引な手法に町は振り回されていた。

 「やる気がある首長だと思っていたんだけど、なぜこんなことになったんだろうね」。徳島容疑者をよく知る…

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1096文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. 「給料泥棒」「ずるい」 7年育休のNHKアナ退職、バッシング殺到の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです