メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡・鞍手町汚職

前町長、強引な手法 病院人事介入など

 福岡県鞍手町発注の下水道業務の入札を巡り、加重収賄容疑で再逮捕された前町長の徳島真次容疑者(59)=7月31日に辞職=は、同容疑でともに再逮捕された、業者との仲介役の男2人を町内の病院の理事にするよう画策していた。町長に人事権はなく批判を浴びて撤回したが、反発した内科医6人が辞職。特色あるまちづくりで注目された徳島容疑者だが、今回の事件で表面化した、職権を乱用した強引な手法に町は振り回されていた。

 「やる気がある首長だと思っていたんだけど、なぜこんなことになったんだろうね」。徳島容疑者をよく知る近隣の市議は再逮捕の報道に首をかしげた。

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1096文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 世界王者・山西、男子5000m競歩で「想定内」の日本新 「喜ぶほどでない」

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです