メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

マラソン順位変わらず 2位バーレーン抗議も

最後の直線で競り合う井上大仁(左)とバーレーンのエルアバシ=ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年8月25日、徳野仁子撮影

 25日に行われたジャカルタ・アジア大会の男子マラソンで優勝した井上大仁(MHPS)がフィニッシュ直前に2位のエルハサン・エルアバシ(バーレーン)と接触したことについて、バーレーンが妨害行為として審判長に抗議した。審判長は妨害行為にあたらないと裁定して、順位は変わらなかった。

 2人は競技場内の最後の直線で競り合って…

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文305文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです