メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

「日本の形の強さを見せられた」金の喜友名

空手男子形決勝で優勝した喜友名諒=ジャカルタで2018年8月25日、宮間俊樹撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第8日の25日、空手の男子形が行われ、世界選手権2連覇中の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)が金メダルを獲得した。日本勢の同種目での優勝は2006年ドーハ大会の古川哲也以来12年ぶり。

 空手発祥の沖縄出身の世界王者が、日本の伝統競技ながら2大会連続で逃していた金メダルを取り戻した。試合後は「日本の形の強さを見せられた」と笑みを浮かべた。

 空手の競技会場、とりわけ形では静寂に響く演武者の気合の声も魅力だ。しかし、準決勝の相手は地元インド…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです