メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

暑さ対策生きる マラソン金の井上

男子マラソンで金メダルを獲得し、笑顔を見せる井上大仁=ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年8月25日、徳野仁子撮影

 【ジャカルタ小林悠太】ジャカルタ・アジア大会は第8日の25日、陸上の男子マラソンがあり、井上大仁(ひろと)(25)=MHPS=が2時間18分22秒で優勝した。気温30度の酷暑で、残り100メートルまで競った死闘を制して日本勢32年ぶりの金メダルの快挙。井上は「最後は力が残っていないところから引きずり出した」と誇らしげだ。2020年東京五輪を見すえた暑さ対策も生きた。

 37キロから14年仁川大会(韓国)1万メートル優勝のエルハサン・エルアバシ(バーレーン)との競り合いが続いた。接触して転倒しそうになりながらも最後の直線では必死の形相で足を動かした。わずかな差で振り切り、両手を横に広げて会心のフィニッシュ。井上は「最後はヒヤヒヤした。必死だった」とほほ笑んだ。2人の接触について、バーレーンが井上に妨害行為があったと抗議したが、競技の審判長は妨害行為にあたらないと…

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文1021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  5. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです