メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

孤独、成長のチャンス 夏休み明け「学校に行きたくない君へ」 不登校、著名人メッセージ集

「学校に行きたくない君へ」を手にする不登校新聞の石井志昂編集長=東京都北区のNPO法人全国不登校新聞社で

 不登校の現状を発信するNPO法人「全国不登校新聞社」が、不登校の当事者や経験者が著名人をインタビューした「学校に行きたくない君へ」(ポプラ社、税別1400円)を出版した。イラストレーターのリリー・フランキーさんや俳優の樹木希林さんら20人が人生観を語っており、同紙の石井志昂(しこう)編集長(36)は「インタビューに込められたメッセージが、学校に行けなくて苦しんでいる人に届けば」と話している。【金秀蓮】

 夏休み明けの9月1日前後は子どもの自殺が増える傾向にある。内閣府が2015年に公表した調査によると、1972~2013年の42年間に集計した18歳以下の日付別自殺者数は、「9月1日」だけが100人を超える131人だった。

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文1046文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです