メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

折元立身 イベント:コミュニケーションアート(耳を引く) 少女は「海」を見たか

ベナレス、インド 1987年

 もの問いたげな目をした少女。視線に引き込まれるように画面を見つめると左耳のイヤリングに目が留まる。端に付いた2本のひもで横に引っ張られ、中央に「Sea」の文字。海?

 現代美術家の折元立身さん(72)がインド北部のベナレスを訪れたのは1987年。20代の大半をニューヨークで過ごし、多様な人種と文化が時に摩擦を起こしながら同居する社会に衝撃を受けた。77年に帰国後、「人間関係を作品にできないか」と考え、始めたのがパフォーマンスを通じ観衆の反応を引き出すコミュニケーションアート。その一つ「耳を引く」ためにインドやスリランカを回る中で少女と出会った。

 方法はこうだ。「太陽」「山」「地球」など普遍的単語を記したイヤリング15個を用意。道で会った人に頼…

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文878文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです