メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

女医の源流=永山悦子

 今から118年前、女性医師を育てる「東京女医学校」が産声を上げた。後の東京女子医大(東京都新宿区)だ。開設したのは国内27人目の女性医師の吉岡弥生(当時29歳)。女性も受け入れていた医学校が突然、女子学生の入学拒否を決めたことがきっかけだった。

 「私の頭へ一番先にきたのは、このままに捨てておいたならば、今後の女医の志望者の運命や日本の女医の将来がどうなるであろうかという問題でありました」(「吉岡弥生伝」神崎清著)

 財産もなく「市井の一女医」の弥生が「日本の女医の伝統は守っていかねばならぬ」と立ち上がり、自らの医…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文940文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  2. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  3. 女子シングルス・美誠敗れ3冠逃す、ひな初優勝 男子・宇田初優勝 全日本卓球

  4. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです