メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新20世紀遺跡

/59 神奈川県湯河原町 光風荘/上

牧野伸顕が襲われた直後の光風荘=1936年2月26日撮影

2・26事件、記憶を刻む「現場」

 早朝の温泉街に、突然銃声が響いた。神奈川県・湯河原。老舗旅館伊藤屋の別館、光風荘を2・26事件(1936年)に参加した青年将校ら8人が襲った。狙われたのは、そこで静養していた前内大臣で伯爵の牧野伸顕(1861~1949年)である。この年75歳の老人に放たれたおびただしい銃弾は、大日本帝国の前途を照らす稲妻であった。

 牧野は大久保利通の次男。外交官から政治家に転じて文相、外相などを歴任し、25年から10年にわたって…

この記事は有料記事です。

残り1172文字(全文1397文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 水難事故 小学生3人溺れ、9歳男児が死亡 2人は無事 大阪
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです