メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

総持寺の水線香

 曹洞宗大本山総持寺(横浜市鶴見区)にある約150メートルの板床「百間廊下」はきれいに磨かれていた。並行するコンクリートの土間に目を凝らすと、うっすらと線路のような二筋の線が浮き出していた。修行僧が毎日朝と昼、廊下をぞうきん掛けし、じょうろで水の線を引くためだ。

 夏に見ると打ち水のようだが、実は55年前の旧国鉄鶴見脱線事故で亡くなった161人を慰霊…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  4. 堺市立小教諭、教え子の中1少女にキス 口止めも 強制わいせつ容疑で逮捕

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです