メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

愛希れいか 宝塚ラスト公演「エリザベート」で皇后役 磨いた個性、注ぎ込む

月組公演「エリザベート」で題名のエリザベート役の愛希れいか=宝塚大劇場で、望月亮一撮影

 オーストリア皇后の数奇な生涯を描いた宝塚歌劇屈指の人気作「エリザベート」で、題名役を演じている。多くの娘役があこがれる難役であるうえ、自身は今作での退団が決まっている。いつもより力が入っているのかと思いきや、「思った以上に心が解き放たれている感覚がある。自由に感情を出せています」と語る。

 稽古(けいこ)が始まる前に約1週間、オーストリアを旅した。以前は「エリザベートは実在していたのかわからないほど手の届かない存在」だったというが、ゆかりの博物館を訪ねて今も国民から愛され続けている人気の高さを実感した。街や森を歩いてウィーンの空気や時間の流れを感じてきたという。

 エリザベートに恋をする黄泉(よみ)の帝王、トートを演じるトップスターの珠城(たまき)りょうは「愛希のエリザベートは、意思がはっきりしていて強い。それにどう対峙(たいじ)するか」を課題の一つに挙げていた。愛希は「私自身も強いと言われるが、強いからこそ繊細な面もある。エリザベートも強がっていた部分があるのではないか。強さの裏側まで考えて演じたい」と語る。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文1023文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 東京都が3回目の時短要請発表 不要不急の外出自粛も イート「利用控えて」

  3. 菅首相「ほぼゼロ回答」 桜を見る会で責任回避答弁に終始 衆参予算委集中審議

  4. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです