メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島稲荷神社で「未来の祀り」 神楽「呆然漠然巨人」を奉納 /福島

 東日本大震災からの再生を願うイベント「未来の祀りふくしま」が25日、福島市の福島稲荷神社で開かれ、福島市在住の詩人和合亮一さん作の神楽「呆然(ぼうぜん)漠然巨人」を奉納した。社殿を背に青いスポットライトを浴びた演者が躍動感あふれる舞を披露し、観客が食い入るように見つめた。

 この神楽は震災をもたらした自然の力を、…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです