メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災訓練

蓮田で9都県市合同 M8や豪雨想定 /埼玉

 9月1日の防災の日を前に、県と蓮田市主催の総合防災訓練が26日、市内10会場であり、消防や警察、自衛隊など157機関約8000人が参加した。

 さいたま市など首都圏4都県と5政令市の合同防災訓練の一環で、39回目。深谷断層帯と綾瀬川断層を震源とするマグニチュード(M)8・0、蓮田市では震度6強の直下型地震を想定した。

 メイン会場の市総合市民体育館「パルシー」(同市閏戸)では、現地指揮本部が設置され、消防や県警、自衛隊が連携して指示。棒の先に付けたカメラをがれきに差し込んで負傷者を捜したり、チェーンソーで壁を切断して救出したりする訓練などが行われた。

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 菅氏「マスクが出回っているか確認」 「週1億枚供給」も品薄続く

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 「どうなっているの」 衆院予算委の政府答弁、与党からも指摘相次ぐ 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです