メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校総体

バドミントン・緑川選手が3冠報告 狭山市長に「将来は五輪で金」 /埼玉

 今月静岡県で開かれた全国高校総体(インターハイ)男子バドミントンで、シングルス、ダブルス、団体と3冠を達成した狭山市在住の埼玉栄高3年、緑川大輝選手(18)がこのほど、同競技で元国体選手の母美雪さんらと同市役所を訪れ、小谷野剛市長に結果を報告した。

 男子3冠は2009年に同校の先輩、星野翔平選手が達成して以来の快挙…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです