メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カジノを考える会

発足、熱田区で学習会 IR法を批判 /愛知

 統合型リゾート(IR)実施法の成立を受け、カジノの誘致に反対していこうと、弁護士ら有志による市民団体「愛知カジノを考える会」が26日発足し、名古屋市熱田区の県司法書士会館で市民学習会を開いた。

 世界のカジノに詳しい鳥畑与一・静岡大教授は、「カジノによって、海外から集客を見込めるという主張には根拠がない。経済効果があるといっても、国民をギャンブル漬けにして金を巻き上げ…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです