メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党総裁選

安倍首相、出馬表明 「あと3年かじ取り」

 安倍晋三首相(63)は26日、9月7日告示・20日投開票の自民党総裁選に立候補すると正式に表明した。訪問先の鹿児島県垂水市で記者団に「子供、孫の世代に美しい伝統あるふるさと、誇りある日本を引き渡すため、あと3年、党総裁、首相として日本のかじ取りを担う決意だ。来月の総裁選に出馬する」と明言した。既に出馬表明した石破茂元幹事長(61)との一騎打ちの見通しで、2012年以来6年ぶりの選挙戦となる。

 首相は「この5年8カ月、内政・外交に全力を尽くしてきた。昨年の衆院選で大きな支持をいただいたのはわずか11カ月前で、国民の負託に応えるのは私の責任だ」と述べ、政権継続に意欲を示した。

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文868文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  5. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです