メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

党員票、風向きは?=山田孝男

山田孝男・特別編集委員

 本命が勝ったのに、挑戦者の方が意気盛んな自民党総裁選があった。

 宮沢喜一が当選し、渡辺美智雄が2位につけた1991年秋である。

 最大派閥・竹下派は宮沢を推したが、党内に「竹下派支配」への不満がくすぶり、造反が起きた。渡辺の基礎票は渡辺派の70人(党内4位)だったのに、120票獲得。開票直後、どよめきが広がった。

 <安倍1強>に不満がくすぶる今日、故(ふる)きを温(たず)ねる意味はあろう。

この記事は有料記事です。

残り1159文字(全文1355文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです