メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

党員票、風向きは?=山田孝男

山田孝男・特別編集委員

 本命が勝ったのに、挑戦者の方が意気盛んな自民党総裁選があった。

 宮沢喜一が当選し、渡辺美智雄が2位につけた1991年秋である。

 最大派閥・竹下派は宮沢を推したが、党内に「竹下派支配」への不満がくすぶり、造反が起きた。渡辺の基礎票は渡辺派の70人(党内4位)だったのに、120票獲得。開票直後、どよめきが広がった。

 <安倍1強>に不満がくすぶる今日、故(ふる)きを温(たず)ねる意味はあろう。

この記事は有料記事です。

残り1159文字(全文1355文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  4. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  5. 沖縄知事選 台風24号影響、一部で投票日繰り上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです