連載

風知草

世論は風だ。でも世論とは何だ――。永田町を知り尽くす山田孝男特別編集委員の政治コラム。

連載一覧

風知草

党員票、風向きは?=山田孝男

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
山田孝男・特別編集委員
山田孝男・特別編集委員

 本命が勝ったのに、挑戦者の方が意気盛んな自民党総裁選があった。

 宮沢喜一が当選し、渡辺美智雄が2位につけた1991年秋である。

 最大派閥・竹下派は宮沢を推したが、党内に「竹下派支配」への不満がくすぶり、造反が起きた。渡辺の基礎票は渡辺派の70人(党内4位)だったのに、120票獲得。開票直後、どよめきが広がった。

 <安倍1強>に不満がくすぶる今日、故(ふる)きを温(たず)ねる意味はあろう。

この記事は有料記事です。

残り1159文字(全文1355文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集