メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

党員票、風向きは?=山田孝男

山田孝男・特別編集委員

 本命が勝ったのに、挑戦者の方が意気盛んな自民党総裁選があった。

 宮沢喜一が当選し、渡辺美智雄が2位につけた1991年秋である。

 最大派閥・竹下派は宮沢を推したが、党内に「竹下派支配」への不満がくすぶり、造反が起きた。渡辺の基礎票は渡辺派の70人(党内4位)だったのに、120票獲得。開票直後、どよめきが広がった。

 <安倍1強>に不満がくすぶる今日、故(ふる)きを温(たず)ねる意味はあろう。

この記事は有料記事です。

残り1159文字(全文1355文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クレヨンしんちゃん 声優交代が“炎上”しなかった理由
  4. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  5. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです